▶︎7月〜9月末【澤田知子 ポートフォリオレビュー】世界的アーティスト・澤田知子先生(審査員や客員教授としても国内外でご活躍中)によるポートフォリオレビュー@梅田/三宮の受付再開!〜ステイトメントの書き方・タイトルの付け方・プレゼンテーションの方法・編集に関するアドバイス中心でも可〜

澤田知子,木村伊兵衛写真賞,キャノン写真新世紀,写真,スクール,学校,大阪,写真表現大学,大阪国際メディア図書館

(C) TOMOKO SAWADA

7月〜9月末の期間、世界的アーティスト・澤田知子先生(審査員や客員教授としても国内外でご活躍中)が梅田(大阪)や三宮(兵庫)にて、個別ポートフォリオレビュー(ステイトメントの書き方やタイトルの付け方、プレゼンテーションの方法、編集に関するアドバイス中心でも可)を行って下さいます!

外見と内面の曖昧な関係性などをテーマに独自の表現を展開し続けている澤田氏は、セルフポートレートやタイポロジーの手法で制作された作品群(《ID400》/1998-2001や《OMIAI♡》/2001、《School Days》/2004、《Sign》/2012、《FACIAL SIGNATURE》/2015など)で特に知られており、これまでに国内外の重要な賞(キヤノン写真新世紀特別賞/2000や木村伊兵衛写真賞/2004、NY国際写真センターのThe Twentieth Annual Infinity Awards Young Photographer賞/同年など)を数多く受賞されています。

現在も世界中のギャラリーや美術館で新作を発表する傍ら、客員教授として後進の指導にもあたり(当館併設スクール「写真表現大学」の特別講師も務めて頂いています)、「キヤノン写真新世紀」や「ヨーロッパ写真フェスティバル」では審査員としても活躍している澤田氏。日米欧をはじめ世界のアートシーンを知る作家ならではの視点からポートフォリオや作品について個別にレビューして頂けるとても貴重な機会です。

個展開催や写真集出版を目指されている方、国内や海外で作品を発表したいと考えていてアドバイスが欲しい方、作品制作において悩みがある方など、ポートフォリオレビュー以外のアドバイス(ステイトメントの書き方やタイトルの付け方、プレゼンテーション、写真編集に関するアドバイス)も可能とのことですので、澤田氏からの下記メッセージをご一読の上、ぜひお申込み下さい!

澤田知子先生からのメッセージ

*お知らせ
7月から9月末まで期間限定でポートフォリオレビューを再開します

国内外での審査員としての経験やポートフォリオレビュアーとしての経験、大学等で教えている経験から、写真作品を作るサポートをします。

作品そのもの、それよりもステイトメントの書き方やタイトルの付け方、プレゼンテーションの方法、編集のアドバイス中心でもお申込みが可能です。

今では本気の作家志望であったり作家として既にスタートされてる方々からもお申し込みがあります。趣味でも作家志望でも経験は問いませんので、DMからお気軽にお申し込み下さい。

料金:1時間15000円

持物:ポートフォリオ(または作品プリント)をご持参下さい
デジタルデータでもレビュー可能です

場所:梅田(個室)三宮も可能ですが個室ではない場合もあります
日時:応相談

ご予約、ご質問はお気軽にDM下さい。もしくはtomokosawada.comのcontactよりお申し込み下さい。

レビュアー経歴
世界中のギャラリーや美術館で作品を発表。

国内外でのワークショップや講演、講義

2015年~2018年 キヤノン写真新世紀審査員、ポートフォリオレビュアー
2018年度ヨーロッパ写真フェスティバル審査員
2019年度 キャノンフォトサークル審査員

2003年より成安造形大学非常勤講師
2007年度より成安造形大学客員教授

その他、写真表現大学 特別講師
関西学院大学 非常勤講師

澤田 知子